プロフィール

職人プロフィール

佐賀県伊万里市で、オーダーメイドとリメイクの専門店、伊万里レザー鷹工房を営んでおります、代表兼職人の 高森 晋(たかもり すすむ)と申します。

2012年、建設会社のサラリーマンとして働いていた私は、ふとしたことがきっかけでレザークラフトと出会いました。

趣味として革小物作りを続けていくうちに、どんどん革の世界に魅了され、のめりこんでいき、革製品の製作が楽しくなり、一生のライフワークにしたいと思うようになりました。

そしてとうとう2014年に自宅脇に工房を構え、本格的に本革製品の製作を始めました。

職人の生い立ちと幼少期のエピソード

私は、1962年に3人兄弟の二男として、現在住んでいる家に生まれました。

父は商売の才能と、先見の明を持ち合わせた行動力のある人で、今でこそ、リーズナブルで毎日の食卓に欠かせない、家計のお助け食材ですが、その当時はまだまだ一般的に出回っていなかった もやし に目をつけ、栽培法を学ぶために福岡まで通い、自宅で栽培して販売を始めました。

私たち悪ガキ3兄弟は、まだ保育園の頃、それがお金に変わることを知り、悪知恵を働かせて、まだ成長しきってないもやしを、親の目を盗んで収穫して親戚の家に持って行って小遣い銭をもらうという悪さをよくやったものでした。

田舎のおおらかさで、何もかもお見通しのおじさん、おばさんは、ありがとうと言って私たちに小銭をにぎらせてくれたものでした。

父に学んだ先見の明

次に父が目を付けたのは、プロパンガスでした。当時はまだ殆どの家庭の熱源はマキでしたので、両親は町内を一軒一軒訪問し、プロパンガスの便利さと安全性を説明して回って、徐々にお客様を増やしていき、高森商店を順調に営んでいきました。

そして、殆どの家庭にプロパンガスが普及した頃、今度は水道の普及を見越して、水道工事業を取り入れ、プロパンガスと水道工事の2本の柱で、有限会社を設立し、社長として率先して現場を切り盛りする頼もしい父でした。

そんな父を、間近でずっと見て育った私は、何の迷いもなく、大学で建築設備を学び、卒業と同時に父の会社に入り、一緒に働いて、衝突することもありましたが、たくさんのことを学ぶことができました。

その頃は会社も順調で、ずっとこの仕事を続けていくんだと思っていました。

レザークラフトとの出会い

失敗からの一念発起

しかし、世間の不況のしわ寄せは、わが社にも影響を及ぼし、公共工事の激減やプロパンガスの高騰、オール電化への変化などが次々と押し寄せ、私が会社を引き継いだ頃には大変苦しい状況となっていました。

何とか立て直そうと様々な企業努力をしましたが、力及ばず、2003年にやむなく廃業しました。

当時、妻と13歳を頭に4人の子どもがいましたので、生活を支えるべく、できるだけ稼げる仕事をと思い、慣れないことや苦手なことも必死に頑張ってみましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。

最終的には設備工事の資格を活かして地元の建設会社に勤めることになりました。遠回りをしましたが、収まるところに収まったという感じでしょうか。

しかし、生まれてからずっと、起業人、商売人を見て育ったせいか、サラリーマンという形態に何か物足りなさを感じていて、何か他に自分にできる商売はないのかなと、色々見たり聞いたりして考えていました。

そんな時ふと手にした、革の財布を作れるキット。説明書を見ながら手順通りに作り上げたところ、なかなかの出来。ピンときました。これ、いけるかも!

レザークラフトに魅せられて

そこからでした。早速革に関する本を手に入れ、道具を揃え、レザークラフトを独学で学び始めました。

元々手先は器用で、図面や設計図を描いていたのでデザインもお手の物でした。

小さなものから作り始め、デザイン画も自分で描き、設計図を作り、出来上がりをイメージして順番を考えながら縫っていく。

そのプロセスは、自分がずっと携わってきた設備工事の仕事と何ら変わりなく、スムーズに、迷いなく革細工に没頭していくのに、時間はかかりませんでした。

やればやるほど、知れば知るほど、一生のライフワークとしてやっていきたい、この仕事で食べていけるようになりたいと、強く思うようになっていったのです。

設備工事会社の社長からサラリーマンを経て、革細工職人への転身という、異色の経歴が目につき、早い時期からメディアに取り上げていただくことも多く、新聞、テレビ、ラジオ、週刊誌等にも何度となく取り上げていただきました。

おかげさまで、地元佐賀県内はもちろん、全国各地からご注文やお問い合わせをいただき、リピートして下さるファン的なお客様も増えつつあります。ほんとうに有難いことだと、皆様に感謝しております。

職人としての拘り

私には、一つ拘りがありまして、それは、すべての工程を、手作業、手縫いで丁寧に仕上げていくということです

手作業なので、それなりに時間もかかりますし、お値段も多少は高くなります。

しかし、お客様の夢や希望を形にしていくということですから、できるだけ永くご愛用いただき、尚且つ修理や縫い直ししながらでも代々受け継がれていけるような作品にしたいと思っているので、そこだけは拘りたいところなのです。

一針一針心を込めて、夢を形にするお手伝いをさせていただきたい。

こんな風変わりな職人ですが、あなたの夢を託してみてください。どんな小さなご要望も遠慮なくご相談下さい。誠心誠意、心を込めて作らせていただきます。

 

>>革製品のオリジナルオーダー・リメイク・修理・その他のお問合せはこちらから<<